無料教材eラーニングをアップ

事業所の価値!

3月は、高齢者のかだらシリーズ2として、「いつもと違う」に気づく視点という教材をアップしました。

介護現場には、日々さまざまな業務が発生しますが、介護職員はただそれをこなしている訳ではありません。
業務や高齢者の生活場面において、知識、経験、さらには5感を使って、観察いわゆる相手をみています。

その際、チェックシートなどがあって見極めている訳ではありません。
分かり易くいうと「いつもと違う」と感じる違和感が気づきの視点に繋がります。
私はこれを「事業所の価値」だと思っています。

介護職員が挙げてくる情報から、数々のドラマを見てきました。
是非、皆様も気づく視点に磨きをかけて頂きたいと思います。

無料教材Eラーニングをアップしました。

介護ができる応急処置

救急対応の経験は、その場面がこないとできないものです。

そのため、いざという時の対応の予備知識は重要であり、その予備知識は頭で覚えるに留まらず、身体で覚えておくために訓練が必要になってきます。

是非訓練のヒントとしてご活用ください。

無料教材Eラーニングをアップしました。

緊急時の対応シリーズ1

今月は、緊急時の対応をアップしております。
最も困るのが夜間帯の職員数が限られている中で発生する緊急事態です。
今回は、60人の入居者に3人の夜間職員を想定して、各々がどのように優先順位をつけながら動くかを説明させて頂きました。
問題集もアップしておりますので研修にご活用ください。

無料教材Eラーニングをアップしました

リスクマネジメント事例シリーズ②

思いのほかご活用頂いているリスクマネジメント事例シリーズ、①に引き続き②をアップ致します。皆さんの事業所でも似たような経験があるのではないでしょうか。そんな事例を取り上げてみました。
同時に、前回アップした個人情報保護とプライバシーシリーズの問題と解答もアップしております。

無料教材 eラーニングをアップしました

個人情報とプライバシー

時々受ける質問に、個人情報保護法の捉え方が偏っているなと感じることがあります。

確かに現場に携わる人には、改めて条文を読む機会がないまま「こうだよ・・・」というエッセンスのみが伝わっていく傾向があります。

しかし、そのエッセンスが人・時・場所を変えるとどんどん変化していき、時に間違った解釈をしているなと感じることがあります。

そこで今回は、誤解があるとしたらその解消に、また改めて自らの捉え方を振り返ってもらえる機会になればと思い作成いたしました。

是非ご活用ください。

無料教材eラーニングをUPしました

リスクマネジメント事例シリーズ1

いつも感じることは、研修で知識を習得しても、実践に至るまでには大きな溝があります。
リスクマネジメントの場合は、「対策をどのように立てたらいいのか分からない」とのご相談で、事故報告書を見せてもらうと、確かに精神論で終わってしまっているケースが多いです。

対策を立てる事は理解している、だけど対策の立て方が分からない、想像がつかないといったところでしょうか。
理解する⇒行動する(対策を具体的に立てて実践する)での行動は、具体的な対策が立てられないので実践に至らないケースが多いなと感じます。
そこで対策を具体的にイメージできる教材を作っていきます。
ここは、繰り返しのトレーニングが必要な部分です。

私はいつも、こんな組織集団をイメージしています。
例えば朝礼で「昨日事故が発生しました」との報告を受けたら、「どこで?どんな状態で?」そんな会話をしながら現場に向かっている頼もしい集団です。

無料教材eラーニング

コンプライアンスシリーズ


日大のニュースを見ていると、改めてガバナンスとそれを維持する上での、日頃からのコンプライアンスの考え方が大切であると実感しました。

根本的な部分では、介護事業所でも同じことが言えます。

特にダイレクトに、入居者や利用者に迷惑が掛かってしまう事も多く、改めて心得る必要性を感じたので作成しました。

また、今回より情報公表制度による必要研修として位置づけかれている内容を一つにまとめています。

ご活用ください。

無料教材eラーニングアップ

薬の基礎知識シリーズ 問題集アップ

薬と言えば、どの事業所でも内服薬セットの段階と、飲ませる段階におけるミス防止が課題です。

看護師配置のある事業所とそうでない事業所、薬局が全面的に関わっている事業所など環境はさまざまです。

介護職員が間違えずに飲ます前提には、看護職員等の厳密なセット管理の意識が必要になってきます。