今日で仕事納め

今日で仕事納め

先ほど今年一年の振り返りをしてきました。

反省すべきことや目標など少し自分と対話。

今年一年のあらゆる事に”ありがとう”という気持ちと、来年も少し成長出来るように”よろしくお願い致します”の気持ちを込めて。

皆様も良いお年をお迎え下さい。

海外の老人ホーム

Photo

年賀状の整理をしていたところ、2002年ニュージーランドから帰国した私が書いた年賀状の文面が出てきました。

この時は今のコンサルティング業務に携わるとは思ってもみませんでしが、こんな経験も私の老人ホームに対する考え方の源になっている気がします。

************************************************
息つく間もない昨年を送り、年末に引き続き元旦からの病棟勤務に、日本の正月を楽しむ暇もない私です。

昨年8月中旬に日本へ帰国し、9月よりかねてからの懸案であった第一線の看護現場において勤しんでおります。

ニュージーランドでは、福祉視察・老人ホームボランティアの体験を通し、地域住民の施設の捉え方や役割が国によって違うこと、オークランドの大都市の中にあって違和感のない景観で一般住宅に並んで建つ老人ホームなどに驚くばかりでした。

視察は見学依頼から始まり、イエローページに掲載されている老人ホームの電話番号へかけて直接交渉します。

そこには数えられらいほどの大小の老人ホームがありました。

訪問し話を伺うと、各老人ホームそれぞれ力を入れる点(特徴)に違いがありました。

例えば建物は古くでもアットホームさを追求して職員教育に力を入れているホーム。

理学療法士、作業療法士の職員配置を厚くしてリハビリを特徴にしているホーム。

大規模なボランティア団体が支える仕組みを活用し運営する厚い職員配置を誇るホーム。

ホテル並の豪華マンション系の有料老人ホームの周辺に豪華老人住宅が建てられている一つの町のようなエリアもありました。

中心となる施設の中には、診察室、レストラン、美容院、プール、ジム、ゲートボールエリアなど整備され、各々の分譲住宅はすべて違う設計で、住宅前の道路には通り名が付けられ、都心へ出向く送迎バスがあるなど一般住宅と同じ扱いです。

それでいて各住宅内には緊急用の非常ベルが数箇所設置されている大きな福祉住宅街です。

一般住宅以上に高額であるにもかかわらず予約待ちでした。

一昔前は日本人にとって、高齢者の第二のパラダイスと称されていたニュージーランドですが、今ではニュージーランド政府の方針により歳をとってからのビザ取得は特別なカテゴリー以外は非常に難しくなりました。

医療費高騰が原因の一つだそうです。

他国へ拠り所を見つけるのではなく、日本の中にこそ形成していくべき時代がきている気がしました。

PS:KYOKOさん大変お久しぶりです。沢山の出会いと思い出は今でも私の大切な宝物です。

施設の忘年会に参加

Photo_3

 施設の忘年会に参加させて頂きました。
 パートの方を含めほとんどの方が出席されるという大盛況でした。
 二次会も半分以上の方が参加され団結力の強さを実感しました。

 この団結力は、昨日今日できたわけではありません。
 お互いの仕事へ向き合う姿勢が共感を呼び今に至っています。

 一年を振り返り色々なことが思い出されますが、こうして、職員の方々の成長を実感できる時がもっともうれしいひと時です。

 来年もまた目標をしっかりと見据えてがんばりましょう。

 一年間お疲れ様でした。

 
 

フラワーアレンジメント

Photo_4

経営セミナーの一環として、フラワーアレンジメントでストレス・マネジメントやモチベーション向上の方法を教えて頂きました。

印象に残った言葉は、
「花はアレンジメントを始めた時から死んでいく・・・だからこそ素敵な最期を演出してあげたい」

そこから始まり、
①心理学を組み合わせた話
②次に自由な創作
③最後に出来上がった作品を通じて、気づかないうちに自分が使っているパターンを認識する事で自分の潜在意識と、本来もっている自分らしをなんとなく知る事が出来た気がします。

綺麗だと感じるだけでなく、花への感謝の気持ち、心を通わせアレンジしていくスタイルは、どんな仕事へ取り組むにも必要な基本姿勢だと感じました。

ちなみに生まれて初めてのフラワーアレンジメント作品です(^^)

平成19年の紅葉

今年は京都屈指の紅葉名所を2ヶ所訪れました。
「嵐山-嵯峨野 編」

11月16日
東福寺、別名「もみじ寺」と呼ばれ、紅葉最盛期は人・人・人・・・だそうですが、時期がやや早かったことと、平日の夕方という時間帯のおかげでゆっくりと見ることができました。

11月26日
10日過ぎに京都へ再訪問。
常寂光寺のもみじの色づきが紅葉最盛期を感じさせてくれました。

上段は東福寺対面からの通天橋です。
中段は東福寺の庭園風景です。
下段は常寂光寺の庭園風景です。

Photo_14

Photo_15

Photo_16

こんな喫茶店が増えて欲しい

Photo
Photo_2

多くの老人ホームは、レクリエーションに知恵を絞り、利用者の方々が「いかに楽しんでいただけるか」工夫をされていることでしょう。

私が関わっている施設でも、次月のレクリエーション計画を検討する際に新しい取り組みを含めるよう心がけています。

その中でも喫茶店へ出向くレクリエーションは、お話好きな方や一人では外出できない方々にとって好評です。

現在の喫茶店にいきつくまでに、いくつかのお店に断わられた経緯があるだけに満足感もひとしおです。
*段差があって車椅子が入れない
*トイレが狭い
*曜日・時間の限定をされる為施設の日課と合わない
*多人数の受け入れは不可
*中には車椅子などを使用した老人ホームっぽい方々は困る??など。

まだまだ障害者への理解が乏しい世の中ではありますが、文句を言っても始まらず、落ち込んでいても進まないことを理解しているスタッフは、快く受け入れて下さる喫茶店を探してきました。

落ち着いた雰囲気の喫茶店で、通常の出入り口以外に車椅子スロープが付いたもう一つの出入り口が用意されていました。
店内には、喫茶店の理念が書かれてあり、障害に対する深い理解が読みとれます。
そして定員の方々は、皆さんヘルパー2級の取得者だそうです。

私が驚いたのはそれだけれはありませんでした。
嚥下障害のあるご利用者の方のトロミ粉末(水分が気管に入らないよう少しトロミをつける)を忘れた時の事です。
無理を承知で、コーヒーに片栗粉でトロミをつけて頂くお願いをしたところ、気持ちよく対応してくださいました。

さらに、ゆで卵を食べ易くして頂くよう依頼したところ、細かく刻んでマヨネーズであえてくださいました。

通常、手間がかかるイレギュラーな作業を断わる飲食店が多い中、いかにしたら健常者と同じように満足して過ごして頂けるのか、そのための協力をさりげなくおこなって下さる喫茶店の皆様に大変感激いたしました。

特別講義   看護大学にて

Photo
本日は京都府立医科大学 医学部看護学科の4回生約90人を対象とした講義を行いました。

社会参加資源の種類と現状「認知症患者の事例」という課題と同時に、私自身の社会人になってからのプロセスについてもお話させて頂きました。

大学4回生という事は、看護師免許+助産師もしくは保健師免許の取得を間近に控えた方々です。

まずは、看護師もしくは助産師として病院勤務をスタートされる方、保健師として地域や企業で活躍される方、知識を活かしてさらに研究にいそしまれる方とさまざまでしょう。

どの道からスタートされるにしても、「来年の自分」について考えるだけでなく、「5年後10年後の自分」を想像していただける機会になればと思いながら講義させていただきました。

なぜなら今後、学習・経験・検証・定着は本人の意思に関係なく日々求められるようになるからです。

その時にどれだけ意識を持ち計画的に、学習カテゴリーを広げていくかが将来の自分のベースになります。

私がそれに気が付いたのも、ある方のアドバイスであったり、当時に巡りあった書籍であったと記憶しております。

その為、知識の提供だけでなく、考えるきっかけ作りの提供を意識した1時間半でした。

講義後、質問に来られた学生さんとお話していてかつての自分を思い出しました。

自分のやりたい事の整理と時期を考える事が先決で、絞ってしまう事はありませんよ。

次に自分にとって何が必要なのか・・・先を考える習慣があらゆる事を可能としてくれます。

PS:大学の講師は依頼を頂いた場合に伺ってます

成年後見人養成研修

本日成年後見人研修が全て終了いたしました。

成年後見制度とは、精神上の障害(知的障害、精神障害、痴呆など)により判断能力が十分でない方が、不利益を被らないように家庭裁判所に申し立てをして、その方を援助・保護・支援してくれる人を付けてもらう制度です。

今回学習した主な科目は、
①成年後見制度の解説
②成年後見活動のための精神医学
③権利擁護の視点から
④家庭裁判所の実務の理解
⑤家族法の基礎
⑥財産法の基礎
⑦財産管理のための知識
⑧身上監護のための知識
⑨民法の基礎
⑩各種事例・演習 などになります。

様々な角度からの講義を受け、法律の存在意義や成年後見制度の必要性を再検討する良い機会となりました。

中でも初日の講義において、ソーシャルワーカー(例:相談員)と成年後見人の違いについて再認識する機会がありました。

ソーシャルワーク専門職の定義は、人間の福祉(wel-being)の増進を目指して、社会の変革を進め、人間関係における問題解決を図り、人びとのエンパワーメントと解放を促していく。
ソーシャルワークは、人間の行動と社会システムに関する理論を利用して、人びとがその環境と相互に影響し合う接点に介入する。
人権と社会正義の原理は、ソーシャルワークの拠り所とする基盤である。~抜粋~

上記の一例では、社会に存在する障壁、不平等および不公正に働きかけ、日常の個人的問題や社会的問題に対応します。

これはソーシャルワーカーが持っている知識と経験により、時に先を読みながら、ご本人にとってベストであろうと思われる事柄に向けてアプローチする役割となります。

一方成年後見人は、ご本人(成年被後見人)の代弁者であり、ご本人の思いに寄り添いながら、その方が望まれる生活を出来る限り可能としていく役割があります。

それは時に、常識的には無駄な場面であったり、一般的にはベストな状態でないにせよ、ご本人が望まれる状態を出来るだけ可能とする関わりが求められます。

二人称であるソーシャルワーカーと一人称的視点である成年後見人、どちらも現在の高齢化社会において重要な役割を担っています。Book_3