テーマ1 ママの医療

【第13回】母の日に、母の母の思い出

母の日

明日は母の日。
本日一足先のお祝い日です。

大阪府茨木市のコミュニティー広場「おにクル」のオープニングイベントで、広島県安芸高田市の神楽講演を観ました。
私自身神楽は初めて。
神楽とは神を祭るときに奏でる舞楽だそうです。
招いた神様を祝福し、神様も一緒に遊ぶ(神遊び)という意味があります。
昔は御座の上に村人が座り、神と人とが酒食をともにして歌い舞を楽しんだとされています。

母が何度も言います。
「小さいころ、母親に出雲神楽に連れて行ってもらったものだ」
「こんなところで神楽が楽しめるなんて嬉しい」

ふと、私にとっては一つのエンターテイメント。
でも母にとってのこの時間は、過去に戻り、その時の想いに浸る、深い意味があったのだと思います。
満足そうな母の表情を見ていると、これが幸せなんだなと感じます。

その足で京都烏丸へ向かい、妹家族と会食を共にしました。
まさに今を大切に、家族全員がそう感じています。