スタッフ紹介

staff_ioue01

井上ルミ子

経 歴

卒後 -1997
中日病院健診部門に保健師として入職。日々100人以上のデーターに目を通し健康状態を捉えながら、電話、集団指導、個別指導、企業訪問、企業セミナーなどを展開。
ここでは長年続けてきた生活習慣を変える難しさを痛感し、人の行動変容に必要な要素を体得しました。人の気持ちはデーターで動かされるものではなく、その人に対する本気度が重要です。

1998-2000
社会福祉法人サン・ビジョン、長野エリアのゼネラルマネジャーに就任。諏訪湖のほとりにある県下初の複合施設(特養、老健、ケアハウス、グループホーム、ショートスティ、デイサービス、デイケア、在宅支援センター)を拠点に、半年から1年ごとに他2エリアにも事業拡大。開所準備、経営・運営総括、講演などを実施。
開所し事業を軌道に乗せる上での必要な要素の本質を学びました。人材の必要性に気づいたのもこの頃、“教育”を超えた“育てる”という意識の原点です。

2001-2002
ニュージランド留学中、ナーシングホームにてボランティアを経験。
各国の文化が、それぞれの介護観や実際のケアの考え方に直結していることを体感しました。言いかえると先進的介護を真似るのではなく、日本文化をベースに再構築することが重要です。

2002-2004
滋賀済生会病院で看護師として入職。
高齢者医療の現場を客観的に捉えなおすことができました。高齢者に適応した医療や病気との向き合い方を通じて、看取りの在り方を考える原点です。

2005 医療福祉コンサルタントとしてCare styles consultingを起業
2007 成年後見人活動開始
2009 大阪市介護認定審査会委員

資格・研修修了
看護師、助産師、保健師、衛生管理者、養護教諭、労働省認定産業保健指導員、労働省認定心理相談員、介護支援専門員、社会福祉施設長資格、社会福祉士(会員26946)、住宅環境コーディネーター2級、産業カウンセラー(会員8028426)、ダイバージョナルセラピーワーカー(会員93)、ぱあとなあ(大阪社会福祉士会所属による成年後見活動)、キャリア段位制度アセッサー、たん吸引等(不特定多数の者対象)指導者、ワークショップデザイナー

成年後見人養成研修修了、介護職員等によるたんの吸引等の実施のための研修事業指導者養成研修修了、介護プロフェッショナルキャリア段位制度 評価者講習修了、ビジネス総合力養成講座「D-School」修了、ODNJ組織開発体験講座修了(ODNJ会員)、2016年度認定社会福祉士特別研修修了、大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラム修了

インタビュー

staff_ioue02福祉に転身した理由
小さい頃から私に色々と教えてくれた大好きな祖母の影響です。惜しみない愛情でずっと見守ってくれていたあの空間が、私の人生にとってなくてはならないものでした。成長し医療に携わるなか、はっきりと「守りたい」と思えるものが見えてきた、それが今の日本を築いてこられた高齢者の方々です。

思い出に残っていること
昔はバックパッカーで海外へぶらり一人旅。2週間のエジプト旅行、遺跡巡りにも飽きてしまい、予定を変更して紅海でダイビングライセンスを取得したことでしょうか。危険な体験もありつつ思い出深い旅行でした。

趣味
旅行、スポーツ、アロマ、アンティーク家具

学生時代のアルバイト
精肉店、和洋折衷の料亭(この二つを長い間やっておりました)

小さな自慢
宿泊を兼ねた小学校6年のクラスで同窓会を開催。担任の先生はもちろん、2/3以上の皆さんと再会できました。これぞ「ザ・仲間」。子供の頃の自分を知ってくれている仲間が沢山いる、心の財産です。


staff_hirate01

平手見奈

経 歴

卒後-2004
幼少のころより母に連れられ、お芝居やミュージカルを観に行ったことがきっかけで舞台が好きになる。母の勧めもあり愛知芸術文化センター内の劇場のシアターキャストで入職。
お客様に非日常的な時間や空間を提供するために、身だしなみ・言葉づかい・話し方、目配り、気配り等を体得。劇場には高齢の方、お体の不自由な方、突然怒り出す方等への対応などを通じ、接客・サービス業の奥深さを知る。
1998年にチーフ就任。
チームワークを高めることはもちろん、劇場サイズ、スケジュール、客層よりハプニングを想定しキャスト配置、その日の現場から見通す予測力と即対応力を習得する。
業界関係者の勧めで選挙のウグイス嬢、司会業を実施。
候補者の思いや支援者の心を届ける重要な役割であり、“人の思い”をくみ取る独自のセオリを体得する。

2005-2011
名鉄不動産(株)介護付き有料老人ホーム名鉄メイライフあじまに介護職として入職。
オープニングスタッフとして携わり、初めてのことばかりで介護職の先輩たちから多くのことを学びながら、看取りの経験を通して自分なりの介護観が生まれる。
2006年に介護総括チーフ就任。
チームで考え話し合ったことを実行する難しさと同時に達成できた時の喜びを体感。この喜びを他のスタッフにも経験してもらいたく、現場マネジメントと並行してリーダー育成に力をいれる。

2011 他社へ業務譲渡。
2012 Care styles consulting入職

資格・研修修了
介護福祉士、介護支援専門員、福祉用具専門相談員、キャリア段位制度アセッサー

介護プロフェッショナルキャリア段位制度 評価者講習修了

インタビュー

staff_hirate02福祉に転身した理由
介護福祉士の学校に通っていたこともあり元々興味はありました。
父の死をきっかけに初心にかえり介護を始める決心をしました。

思い出に残っていること
劇場勤務の頃、認知症のお客様がご家族が目を離したすきにいなくなり、スタッフ全員で捜索したことがあります。
月に3~4回はコンサートを聞きにくる高齢の女性のお客様がいらっしゃいました。私たちは親しみを込めて「おばあちゃま」と呼ばせていただき、「今日もあなた達に会えて良かったわ」といつも言ってくださるのがとてもうれしかったです。

趣味
旅行、観劇(歌舞伎・狂言といった日本のクラシックからバレエ等の海外のクラシック、ミュージカル、芝居まで舞台で行われるもの全般に興味があります!)

学生時代のアルバイト・ボランティア
喫茶店、フレンチレストラン、車検の受付、バドガール、債券回収受付、子供スキー教室インストラクター補助、チケットセンター電話受付、名城夏祭り設営、障害児童ボランティア

プチ自慢
秋篠宮紀子様に会釈をしていただいたこと。(仕事中ですが)
愛・地球博の時、ヨルダン館で死海のプールに浮かんだこと。

アクセスへ