金冠日食

大阪市中央区の St.Regis Osaka

21階東向きの大きな窓から大画面で

見ることが出来ました。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

山崎蒸留所

山崎蒸留所の建物である空間デザインに興味があって訪問してきました。

「日本の風土にあった、日本人に愛されるウイスキーをつくろう」

日本初のモルトウイスキー蒸留所である山崎蒸留所を着手された創業者の言葉から始まり、サントリーウイスキーの歴史、製造工場、テイスティングホール、ファクトリーショップやウイスキーライブラリー(?)へと続きます。

木材と鉄骨を中心とした温かみのあるスタイリッシュな建物で、主役のウイスキーが「主役」であり続ける空間だと思いました。

一つひとつの家具もリサイクルした樽からできていて「建物全体が呼吸している」そんな感じがしました。

ウイスキーづくりの理想郷として名水ある最適な風土をもちあわせている山崎・・・

もう一度桜の時期に訪れてみたいと思います。
山崎館エントランス
Photo_12

ボトル棚
Photo_12

ポットスチル(蒸留釜)
Photo_13

Photo_9

貯蔵庫(大きい樽で600Kgほどあるそうです)
Photo_19

源泉
Photo_22

テイスティングホール
Photo_20

Photo_16

ウイスキーライブラリー(?)
Photo_17

堂島薬師堂

Photo_4

大阪市北区堂島にある御堂です。

海岸がもっと内陸に近かったころのお話で、海上の船からお堂がよく見えたことから「堂島」とういう地名が付けられたそうです。

当時から人びとの信仰が厚い古いお堂を、平成11年に「堂島アバンザ」の庭園内に球形でモダンな建物として建て直したそうです。

同敷地内のビルにあるジュンク堂へ行った帰りに立ち寄ってみました。

うわさには聞いてましたが本当に変わった形のお堂です。

都会の真ん中にあって異空間なエリアでした。

ピカピカ光る御堂に宇宙を感じるような、人々の願いを包みこんでいるような。

池の真ん中にある小さな銅像にかぶせるようにお清め水を放つのですが、これがなかなかあたりません。

「ちょっとごめんよ」と隣から年配の女性の方が上手にお水をかけているのを見て、日々の信心の差が表れていました。

Photo_2