船場まつり2017

兵庫県の名湯を直送

毎年開催されるイベント!!

本日は、大阪中央区船場センタービル内の特性会場で、湯村温泉の「癒し」を提供させていただきました。

行きかう人に声をかけて、立ち止り興味を持っていただくのが私の仕事です。

湯村温泉を知ってもらうために、興味が持てる声掛け⇒足湯体験⇒「あ~気持ちい」の一声で即席コミュニティーに程よく溶け込むのです。

久しぶりに丸一日呼び込みをしました。

昨年は売れ残った荒湯たまごが、15時前には完売の大盛況でした。

人を楽しませるって心がないと出来ない事です。

改めて、日々レクリエーションをする職員さんに脱帽です。

マスコットキャラクター 「湯たん」と「船場リリー」 観客の反応をみてキャラクターの奥深さを実感します。

五平餅

懐かしのおやつ!

本日のデイサービスの活動です。

皆さんで声を掛け合いながら、自然にそれぞれの役割をこなされていました。

職員は見ているだけで十分でした。

味噌甘だれ、最高!!

新しい仲間を迎える

金魚さんこんにちは!

施設に新たな仲間が加わりました。

涼しげに泳ぐ金魚を前に、入居者・利用者の皆様の目線が遠い昔の懐かしい思い出をみているようでした。

思い出のワンシーンがそれぞれの方にあるようです。

老人ホームのイベント

スイカを割りは思わず力が入ります

毎日、暑い日が続きます。

そして夏といえばスイカ割り。

「そこそそこ」「違う違う」「もっと右」「もうちょっと左だってば」

気づいたら前のめりになって声掛けしています。

振り下ろす力の強いこと!

皆様のあらたな一面を発見させていただきました。

施設イベント

納涼祭!!

夏はイベントラッシュです。

どんな工夫をすれば思いで深い夏祭りができるかを思考錯誤しています。

「近隣の皆さんとともに楽しむぞ~!!」

そんな迫力が伝わってきます。

バーベキュー

いよいよバーベキューの季節です。

6階デッキの眺望がミックスされお肉の味も格別です。

今日は昼のイベントですが、夜景バージョンもあるんですよ。

さくら

はかなさそして優雅さ

誰しもが持つ心の中の風景があります。

きっと入居されている皆様も、これを見て懐かしいある日を連想されるのではないでしょうか。

いけばな

自らの心のおもむき

材料から準備される方、茎から切る方とさまざまです。

状況を理解できない方も、職員が様子を見て関わりの深度を調整すると見事に表現されます。

職員は、しばらくぶりの記憶の扉をノックする絶妙なタイミングを心得ています。

おひな祭

花嫁道具

とある入居者のお部屋には、珍しいひな人形が飾ってありました。

ご家族がセッティングして下さったそうです。

お嫁入りしてから94歳までの歴史が刻まれています。

グッとくるものを感じさせられます。

この時期、どこの事業所も華やかです。

まもなく暖かさの気配です。

節分隊

まめまき

鬼は外・福は内~。

威勢の良い掛け声で全館を回ります。

めぐる1年に感謝をこめて。